メインコンテンツまでスキップ

PHPでMomento Cacheを始める

PHPとMomento Cacheをすぐに使い始める必要がある場合、このページには必要な基本的なAPIコールが含まれています。

詳しくは、GitHubのPHP SDKもご覧ください。

前提条件

PHP SDKを取得するためにcomposerを設定する

composer.jsonファイルに当社のリポジトリを追加し、依存関係として当社のSDKを追加します:

{
"require": {
"momentohq/client-sdk-php": "1.7.1"
}
}

composer update を実行して、必要な前提条件をインストールする。

ライブラリをインポートして接続し、CacheClient オブジェクトを返します。

このコードはサンプルファイルをセットアップする。

<?php
declare(strict_types=1);

require "vendor/autoload.php";

use Momento\Auth\CredentialProvider;
use Momento\Cache\CacheClient;
use Momento\Config\Configurations\Laptop;
use Momento\Logging\StderrLoggerFactory;
use Psr\Log\LoggerInterface;

$CACHE_NAME = uniqid("php-example-");
$ITEM_DEFAULT_TTL_SECONDS = 60;
$KEY = "MyKey";
$VALUE = "MyValue";

// Setup
$authProvider = CredentialProvider::fromEnvironmentVariable("MOMENTO_API_KEY");
$configuration = Laptop::latest(new StderrLoggerFactory());
$client = new CacheClient($configuration, $authProvider, $ITEM_DEFAULT_TTL_SECONDS);
$logger = $configuration->getLoggerFactory()->getLogger("ex:");

function printBanner(string $message, LoggerInterface $logger): void
{
$line = "******************************************************************";
$logger->info($line);
$logger->info($message);
$logger->info($line);
}

printBanner("* Momento Example Start *", $logger);

Momento Cacheに新しいキャッシュを作成する。

この関数は、Momentoアカウントに新しいキャッシュを作成します。

$response = $client->createCache($CACHE_NAME);
if ($response->asSuccess()) {
$logger->info("Created cache " . $CACHE_NAME . "\n");
} elseif ($response->asError()) {
$logger->info("Error creating cache: " . $response->asError()->message() . "\n");
exit;
} elseif ($response->asAlreadyExists()) {
$logger->info("Cache " . $CACHE_NAME . " already exists.\n");
}

アカウントに存在するキャッシュのリストを取得する

この例では、上記の CacheClient 関数を使用して、Momento アカウントのすべてのキャッシュを一覧表示し、エラーがあればトラップします。

// List cache
$response = $client->listCaches();
if ($response->asSuccess()) {
$logger->info("SUCCESS: List caches: \n");
foreach ($response->asSuccess()->caches() as $cache) {
$cacheName = $cache->name();
$logger->info("$cacheName\n");
}
$logger->info("\n");
} elseif ($response->asError()) {
$logger->info("Error listing cache: " . $response->asError()->message() . "\n");
exit;
}

キャッシュに項目を書き込む

セット操作の簡単な例。client.set呼び出しでは、TTLはオプションです。TTLを渡すと、クライアント接続オブジェクトで設定されたデフォルトのTTL値が上書きされます。

// Set
$logger->info("Setting key: $KEY to value: $VALUE\n");
$response = $client->set($CACHE_NAME, $KEY, $VALUE);
if ($response->asSuccess()) {
$logger->info("SUCCESS: - Set key: " . $KEY . " value: " . $VALUE . " cache: " . $CACHE_NAME . "\n");
} elseif ($response->asError()) {
$logger->info("Error setting key: " . $response->asError()->message() . "\n");
exit;
}

キャッシュからアイテムを読み込む

これは、キャッシュから項目を取得する単純な読み取り操作の例です。

// Get
$logger->info("Getting value for key: $KEY\n");
$response = $client->get($CACHE_NAME, $KEY);
if ($response->asHit()) {
$logger->info("SUCCESS: - Get key: " . $KEY . " value: " . $response->asHit()->valueString() . " cache: " . $CACHE_NAME . "\n");
} elseif ($response->asMiss()) {
$logger->info("Get operation was a MISS\n");
} elseif ($response->asError()) {
$logger->info("Error getting cache: " . $response->asError()->message() . "\n");
exit;
}

テストキャッシュの削除

先に作成したテスト・キャッシュを削除する例。

// Delete test cache
$logger->info("Deleting cache $CACHE_NAME\n");
$response = $client->deleteCache($CACHE_NAME);
if ($response->asError()) {
$logger->info("Error deleting cache: " . $response->asError()->message() . "\n");
}
備考

これらの基本的なAPIコール以外にも、MomentoのAPIコールの詳細については、APIリファレンスページをチェックしてください。