メインコンテンツまでスキップ

JavaScriptでMomento Topicsを始める

Momentoは2つのJavaScript SDKを提供しています。1つはNode.js用1つはブラウザその他のWebアプリケーション用です。2つのSDKは同じAPIを持っているため、import文以外は同じコードに見えますが、異なるJavaScript実行環境において最適なパフォーマンスと互換性を保つように作られています。

このページには、Momento Topicsをすぐに使い始めるために必要な基本的な情報が記載されています。より詳細な情報やサンプルについては、上記のSDKページをご覧ください。

Momento SDKをインストールする

既存のNode.jsプロジェクトにMomento Node.js SDKをインストールするには:

npm install @gomomento/sdk

または、既存のブラウザ アプリケーション プロジェクトに Momento Web SDK をインストールします:

npm install @gomomento/sdk-web
ヒント

gomento/sdkまたは@gomento/sdk-webのどちらか片方だけが必要である。両方は必要ありません。

APIキーの設定

Momentoで認証するにはMomento API keyが必要です。できれば、Momento Web Console から取得できます。 トークンを取得したら、それを環境変数に保存し、Momentoクライアントがそれを使用できるようにします:

export MOMENTO_AUTH_TOKEN=<your Momento token here>

Note: セキュリティ強化のためには、トークンを環境変数ではなく、AWS Secret ManagerやGCP Secret Managerのようなものに格納するのがベストプラクティスだが、ここではデモのために使用していまます。

ライブラリのインポートとTopicClientオブジェクトの作成

このコードでは、メイン関数を設定し、必要なインポートを取り込み、パブ/サブ・トピックとの対話に使用する TopicClient をインスタンス化します。

/* eslint-disable @typescript-eslint/no-unused-vars */
import {TopicClient, TopicConfigurations, CredentialProvider} from '@gomomento/sdk';

function main() {
const cacheClient = new TopicClient({
configuration: TopicConfigurations.Default.latest(),
credentialProvider: CredentialProvider.fromEnvironmentVariable({
environmentVariableName: 'MOMENTO_API_KEY',
}),
});
}

try {
main();
} catch (e) {
console.error(`Uncaught exception while running example: ${JSON.stringify(e)}`);
throw e;
}

トピックへのメッセージの登録と公開

この例では、"test-cache" という名前の Momento Cache の "test-topic" というトピックを購読し、購読が成功したらそのトピックに公開します。

const result = await topicClient.subscribe('test-cache', 'test-topic', {
onError: () => {
return;
},
onItem: (item: TopicItem) => {
console.log(`Publishing values to the topic 'test-topic': ${item.value().toString()}`);
return;
},
});
if (result instanceof TopicSubscribe.Subscription) {
console.log("Successfully subscribed to topic 'test-topic'");

// Publish a value
await topicClient.publish('test-cache', 'test-topic', 'test-value');

// Wait for published values to be received.
setTimeout(() => {
console.log('Waiting for the published values');
}, 2000);

// Need to close the stream before the example ends or else the example will hang.
result.unsubscribe();
} else if (result instanceof TopicSubscribe.Error) {
throw new Error(
`An error occurred while attempting to subscribe to the topic 'test-topic' in cache 'test-cache': ${result.errorCode()}: ${result.toString()}`
);
}

コードの実行

JavaScript SDK GitHub repo examples directory](https://github.com/momentohq/client-sdk-javascript/blob/main/examples)に完全な動作例があります。

備考

これらの基本的なAPIコール以外にも、MomentoのAPIコールの詳細については、APIリファレンスページを参照してください。

より高度なコール用の同じタイプのコードを見るには、このリンクをたどってください。